野球、野球ルール、野球のルール、少年野球ルール、少年野球のルール

少年野球を真剣に取り組んでおられる方のためのサイトです!気持ちの持ち方やルールまで!

教える事なんて出来ない。本人にその気がなければ何を言っても同じですから。

教える事なんて出来ない。本人にその気がなければ何を言っても同じですから。  

  • これは、工藤公康さんの言葉です!!

  • 指導者の方は、いやというほど感じておられるのかもしれません!


  • 皆さんがお仕事中、若年層に感じることも同じなのかもしれません!

  • いくら丁寧に教えたところで、「あっ・・はぁ〜」「たぶん」「聞いたような・・・」などとあいまいな返事・・・

  • みなさんは、あれだけ熱心に教えたのにっと心を痛まされているのでしょう!

  • そんな言葉を象徴するようです!

  • 美味くなる人間は、受け止め方が違います!やらされているではなく、やりたいと思っています!

  • その気持ちにさせることが、一番の練習効果を高める方法のひとつなんだと感じさせられます!

  • 監督、コーチだけでなく、子どもをもたれたお父さん、お母さんの役割も大きいと感じます!

  • 本人が学びたいという意思があれば、いくら監督やコーチに起こられてもそれをバネに変えさらに向上していくことは間違いありません!!

  • そうさせるには、野球が楽しんだという何かを本人に植え付けさせることです!!

  • コレがなにかというのは、いろいろあります!しかし、それは、本人がそう思えればよいだけですから、こうじゃなといけないということはありません!!

  • [check]みんなと汗をかけることが楽しい!
  • [check]昨日より早く走ることが出来た!
  • [check]昨日より遠くに飛ばすことが出来た!
  • [check]昨日より遠くに投げることが出来た!
  • [check]一番、うまくバントが出来た!
  • [check]褒められた!
  • [check]友達よりヒットが多く打てた!
  • [check]腕立てできる回数が増えた!
  • [check]守備でフォローに行ったことを監督に褒められた!
  • [check]みんなが僕を応援してくれた!
  • [check]みんなの顔を見ることがうれしい!
  • [check]野球の話が出来ることがうれしい!
  • [check]練習の内容をお父さん、お母さんに話せることがうれしい!
  • [check]自習練習をした成果が出た!
  • [check]勉強より、野球していることが楽しい!
  • [check]ゲームしているより野球が楽しい!

  • まだまだいくらでもあるでしょう!

  • 何でもいいんですよ!

  • 本人が野球を楽しいと思える環境つくりをすることがとっても練習の効果を挙げてくれると思いますよ!

  • 自ら望んでそうなれば、社会に出ても絶対に苦労しないと思います!

  • 言われたことだけをする社会人が増えていますから、そうならないためにも、そういった人たちとは一線を画す素晴らしい人間になるためにも野球から得られるものは大きいと感じさせられます!!


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional