野球、野球ルール、野球のルール、少年野球ルール、少年野球のルール

少年野球を真剣に取り組んでおられる方のためのサイトです!気持ちの持ち方やルールまで!

走塁のルール

走塁のルール  

1塁のオーバーラン  


  • バッターは、ショートゴロで1塁へ全力疾走しました!


  • ランナーは1塁へ走りこんだ後、少し、フェアーグラウンドの方へ足が入ってしまいました。


  • 守備側は、ショートからファーストへ送球したがショートバウンドした為少し、ファーストの守備の後ろへボールが少しそれました!!


  • 打ったバッターは、ボールがそれたことにに気がついていなかったが、すぐに1塁ベースに戻ろうとした。


  • そのとき、ボールをそらしたファーストの守備が、バッターランナーが1塁ベースに戻る前にボールを持ってタッチしにきて、タッチアウトと叫んだのです!!


  • さてこの場合どうなるのでしょう!!


  • まったく問題ありません!!


  • アウトになることはありません!!


  • ただし、打ったランナーが、少しでも2塁へ進む行為を見せるとタッチアウトの可能性が発生します!!


  • 審判に次塁への進塁行為とみなされたらタチアウトになる可能性があるということ!!


  • 1塁へ走り込んだ後にオーバーランすることは許されていますから、ベースを駆け抜けて離れても、タッチアウトになることはありません!!


  • ただし、ただし!!!


  • ただちに1塁へ戻ることが絶対条件です!!


  • いつまでもベースを離れているとタッチアウトとなることもあります!


  • 少しでもフェアグラウンド側へ入るとはアウトになるという人がいますが、これはまったく関係ありません!!


  • 場所はどこであっても、2塁へ進塁する意識が審判の判断基準とされるわけです!!


  • 十分注意しましょう!!


リタッチの義務  


  • 野手がフライを捕球したと同時に、現在いるベース(塁)を離れるのがタッチアップです!!


  • バッターが外野へフライを打ち上げて外野手が捕球した場合、ランナーは元いたベースに戻る(触れる)というリタッチの義務があるわけです!


  • もし、リタッチ(帰塁)する前に、体またはベースにタッチされるとアウトとなります!!


  • 犠牲フライの場合、このルールどおりランナーは「タッチアップ」をして次の塁へ進みます!!


  • リタッチする時間を避ける為、ランナーはベース(塁)上で、野手が捕球するのを待ち、捕球と同時に次の塁へ走り始めるわけです!


  • 野手の捕球よりタッチアップが少しでも早いと、リタッチの義務ルールを果たしていないとみなされアウトとなります!!


  • この練習も失敗することなく行えるよう十分練習しておきましょう!!



リタッチの義務  


  • さてリタッチの義務として次のような場合どうなる?実際に起こったパターンなので一応頭に入れておきたいですよね!


  • 状況は、1アウトランナー1塁、次のバッターへのサインはりヒットエンドラン!!


  • うったぁ〜!!


  • あちゃぁ〜エンドランには最悪のサード後方へのフライ!!


  • サードフライで2アウトになったところで、実は1塁ランナーがエンドランでとびだしていたので、3塁手は1塁へ早急したが、これが暴投(@_@;)


  • ボールはフェンスを超えボールデッド!!


  • 審判は、ランナーに、テイク2ベースを宣言し3塁へ行くよう指示した!!


  • ランナーは審判に言われたとおり3塁へ進みました!


  • はい!ここで何か問題ありますか?


  • ありますね!!(ー_ー)!!


  • 1塁ランナーは、リタッチの義務があるので、ボールデッドになっても、1塁へ帰塁しなければなりません!!


  • リタッチ(帰塁)すれば、テイク2ベースの指示通り3塁まで進塁することが出来ます!!


  • あせらず、このように動けるかどうかが最大の問題です!!


  • 正式なルールから行くと、ランナーは少しでも帰塁(ここでは1塁方向)と逆方向(2塁方向)に進塁した場合、1塁への帰塁はできないということです!


  • つまりこのルールを模擬して少なくても1回くらいは練習で確認しておくことが理想でしょう!!


  • 正式にリタッチしていれば、守備側がアピールしても勿論アウトになることはありませんよね!!



走塁可能幅  


  • よく見かけるプレーの一つですね!!


  • ランナーが、タッチを逃げるために走路を外れると即アウトになるということです!!


  • ではその走路幅とは?


  • 走路の幅は約1.8メートルです!


  • つまりベースライン(塁と塁を結ぶ直線)から左右約90cmの間が、ランナーの決められた走路なのです!!


  • 決められた走路といっても必ずこのエリアを走らなければならないっというわけではなく、走路を外れて走ったからといって、即アウトになるというわけではありません!!


  • 問題であるのは、野手にはさまれたときなどのタッチを避けて走るときです!!


  • そういった場合、ランナーは走路を外れてタッチを逃げると、たとえタッチされなくても、走路を外れた時点でラインアウト宣告されます!!


  • こんな場合もあります!!


  • 長打になりそうな場合などすでに走路幅をはずれふくらんで走っていたときに野手がタッチしようと追いかけてきた場合、走っていた位置から本来の走路側に約1.8m逃げるのはOKですが、さらに外れる方向だと1cmでもダメです!つまり即アウトとなります!!



powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional