野球、野球ルール、野球のルール、少年野球ルール、少年野球のルール

少年野球を真剣に取り組んでおられる方のためのサイトです!気持ちの持ち方やルールまで!

打撃のルール

打撃のルール  

バッターボックスに関する問題  

  • バッターは、バッターズボックスの中から打つことが決められていることは、みんなしっているかな!


  • 片足でもバッターボックスから踏み出していたらダメなんだよ!!


  • では!!


  • バッターボックスのライン上を踏んでいた場合はどうなのでしょう?


  • 答え:この場合はセーフです!(問題なし!!)


  • ではここでさらに質問!!


  • 1アウトランナー3塁で、君にスクイズのサインが出た!!バッテリーが気づき、ボールを外したがが、君は、バッターボックス内からジャンプして、空中でボールにバットを当ててフェアグラウンドにころがった!しかし、着地たときには、バッターボックスを出てしまっていた!!この場合、バッターはアウトになりますか?それともプレーは続行ですか?


  • 答え:結論は、プレー続行で問題ありません!バッターは、打った時に「空中にいる」状態、つまり足がバッターボックス外についていなければ問題ありません!!


  • 君たちが注意しなくてはいけないのは、打つことに真剣で、バッターボックスの枠をはみ出してまでボールに当てようとしていることだ!!


  • どう対処するのか?を練習しておきたいですね!!


  • 本当によく見かけるので注意したいですね!!


  • 普通バッターボックス外に、片足でもはみ出して、打った場合、打球がフェアorファウルに関係なくバッターはアウトになることを十分理解しておきましょう!!


  • ここで気をつけたいのがスクイズのときの注意事項だ!!


  • これは別の項でお話します!!

スクイズ時の要注意事項  

  • ノーアウト、ランナー3塁、1ストライク、2ボールで、スクイズのサインが出た!きみはバッターボックスをはみ出てボールに当てた!!この時、ランナーと君のカウントはどうなるかな?
  • よし!やったぞ!!って思っていたら実は以下のようになるんです!!


  • 答え:バッターである君が、バッタースボックスの外にはみ出てバットに当てた!これは反則にあたる!バッターが3塁ランナーの走塁を助けた!と判断されてしまい、3塁ランナーがアウトになってしまいます!!そして君のカウントは、ノーカウントとなる(つまり1ストライク、2ボールの状態)!!


  • ちなみに、バットに触れても触れなくても3塁ランナーはアウトを判断されてしまうので注意!!


  • 空振りなら、ストライク!


  • バットに触れていない場合は、通常通り、ストライクかボールを判断されます!!


  • つまり、バッターボックスからはみ出ての打撃は、いかなる時にもやってはまずい!!って訳だね!!


  • 一生懸命(いっしょうけんめい)もわかるけど、これだけは守らなければいけないってことだね!!


  • 監督・コーチにおこられちゃうぞ!!


打順間違いに関する問題  

  • バッターの打順は、試合前に監督が相手チームと交換したメンバー表のとおりに行わないといけません!!


  • もし、打順を間違えた場合は、どうなるのでしょうか?


  • 4番バッターの打順のときに誤って5番バッターが打って、相手チームに間違いを指摘された!!この場合、アウトになります!!が・・・アウトになるのは、4番バッターそれとも5番バッター??


  • 答え:アウトになるのは4番バッターです!!そういうわけで次にもう一回、5番バッターが打つことになるんですね!!


  • これは、自分達が守備側のときに良く理解しておきたいんだけれど、君たちが、守備側の時に、相手チームの打撃順番が間違っていることに気がついた場合!いつ指摘すればいいのか!?


  • これは、打撃が終わった時に、指摘したほうが有利というわけ!!


  • それはなぜか?


  • それは、打順間違いをバッターボックスに入ったときに指摘すると、または、打撃中に指摘した場合、審判は正式な本来の打順のバッターと交代を指示するだけで、そのプレーは交代した時点の状態で続けられるということになりますます!!


  • だから、相手の打順間違いに気がついた場合には、打撃を終えてから指摘したほうが有利というわけ!!


  • 指摘は、次のバッターがバッターボックスに入る前にしないといけないからね!!



スクイズ時の空振り  

  • 1対0で迎えた7回の攻撃!どうしても1点が欲しい時、1アウト、ランナー3塁です!


  • チームのサインはスクイズ!!


  • バッターである7番バッターのすくい君です!


  • 緊張のあまり、ピッチャーが投球にはいる少し前にスクイズの構えをしてしまった為に、バッテリーに見破られ、大きく外されてしまいました!


  • すくい君は、スクイズを成功させる為に、一生懸命バットを出したのですが結果、空振りとなり、さらに体勢をくずして、勢い余ってランナーにタッチに行くキャッチーと激突      (@_@;)


  • しかし、その間に三塁ランナーはホームイン\(~o~)/


  • この場合、すくい君のわざとではない行為によりホームインが出来たわけです!        (すくい君ナイス!!?)


  • バッターはこういったことをやればいいのかぁ〜!!


  • まてまてまて〜!!!!


  • そんなルールはありませんよ!!


  • わざとでもわざとじゃなくてもいけません!!


  • この場合守備妨害です!!


  • つまりランナーアウトとなります!


  • バッターはそのまま空振りストライクとなります!!


  • ノーアウト、1アウトの場合で塁上のランナーがーが得点しようとした時において、今回のようにバッターが本塁上で守備妨害した場合はランナーがアウトにありますので覚えておきましょう!!


  • また2アウトの場合では、塁上のランナーがーが得点しようとした時においては、バッターがアウトになります!!


  • どちらの場合も得点にはならないというわけです!!(残念)


  • ここで、少年野球においてまだまだ、精神的に弱い面がある小学生には、バントに苦手意識をもっていたりタイミングをあせったりと重要なスクイズの場面でさらに緊張してしまうことがありますから、十二分に練習を重ねる必要があるでしょう!!


  • そういった場面での想定練習をしっかり積み重ね強みに変えていくといいと思いますよ!!


  • 1点は大きいですからね!!


  • バント練習をいい加減にしているやつは、絶対に痛い目にあうぞ!!


  • 真剣に練習するしてください!!



powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional